徘徊・散策・ローカル鉄道旅・レトロ物件探索・山登りのきろく

市営日東住宅

訪問/撮影日 : 2007年1月16日
市営日東住宅

通称「軍艦住宅」として下寺住宅と共に有名だった市営日東住宅。
北・南ともに2001〜2002年に解体されてしまったが、その跡地にはまだ多少古い建物が残る。
元々この付近には戦前から多く不良住宅が分布していたが、近代的アパートメントの建設に意欲的だった片岡安が関一(關一)を説得し、資金不足を「不良住宅 地区の改良」という名目で補い、当時としてはハイカラだったRC集合住宅を建てたようだ。またこの改良住宅の入居人は元々この場所で屑拾いを職としていた 人たちであり、荷車を収めたり集めてきた屑を置いておく場所が必要だということで、南日東住宅に小屋郡が建てられた。

MapFan
ゼンリンいつもガイド
大阪における集合住宅の形成史

昭和12年 不良住宅分布図

▲昭和12年 不良住宅分布図

市営日東住宅

▲後ろに見える建物は市営日東住宅。
その更に後ろに見える建物は、軍艦アパートとして名を馳せた市営南日東住宅の敷地に新しく建てられた高層住宅。
日東住宅が建て替えられなかったら、手前のような建物の存在も違和感なかったろうな。

市営日東住宅

市営日東住宅

▲市営南日東住宅の敷地内にある建物。
他が解体され、こんな風に孤立して残ってしまった。

市営日東住宅

市営日東住宅

▲南日東住宅の隣の区画にある建物。
この区画だけタイムスリップしてしまったように昔のまま。

市営日東住宅

▲高速の下が遊び場になっている。閉鎖されて久しそう。

市営日東住宅

市営日東住宅

Free Graphics by hibana
inserted by FC2 system