徘徊・散策・ローカル鉄道旅・レトロ物件探索・山登りのきろく

平岩駅
ひらいわえき Hiraiwa
きたおたり
Kita-Otari
こたき
Kotaki

訪問/撮影日 : 2013年8月3日

2年ぶり位に訪問。前回は列車に乗ってきたけど、今回は代行バスで。
平岩駅は1957年(昭和32年)8月15日に開業。無人駅。標高263m。2011年度の1日の平均乗車人員は6人。…とのことだけど、夏の間は登山者がいるし乗客二桁はいるんじゃないかなあ。冬は全然いないかも、だけど。駅前には使用可能な水道の蛇口があり、暑い夏は手足や顔を洗ったりできるので特に助かる。
参考:平岩駅 - Wikipedia



JRの代行バス。登山者の人がバスを待ってた。



木製の駅名板。



入口脇に貼ってある建物財産標。鉄 駅本屋 03-2001 昭和31年11月。



普段は無人駅なので駅スタンプは押せないけど、夏季の日中だけ駅員がいるようでスタンプを押すことができた。ただし1つはかなり状態が悪い。駅に保管のインクパッドも乾いてほとんど押せない状態だった。念の為カバンにインクパッドを忍ばせておいて助かった。



状態が悪く、かすれかすれになってしまう。



こちらはわりと新しいようで大丈夫だった。





踏切を渡ってホームに行く。



ロータリー車と車庫。遠くには白馬大仏が。
参考:適当な日記 大糸線に行ってきました その4 雪かき列車の除雪見学



ホームから見える白馬大仏。



駅名標。



ガランとした駅舎内。



駅舎内。



駅舎内に貼ってある蓮華温泉までのバス時刻表。いつかこのルートから鉱山道を通って白馬岳に登ってみたいと思っているが…。



ホームと駅舎間の通路。よく天井にツバメが巣を作ってて、ここを通ると親ツバメが心配そうに周囲をうろうろ飛び回る。



駅前の平岩簡易郵便局と蓮華温泉行きのバス車両。



駅前の頌徳碑。靴とビールは登山者の人のもの。
参考:汽車旅悦楽館 大糸線その3



駅舎横にある電気水道施設など。



建物財産標。





JR代行バス車内。平岩駅から南小谷駅にかけては座ることができて良かった。



Free Graphics by hibana
inserted by FC2 system