徘徊・散策・ローカル鉄道旅・レトロ物件探索・山登りのきろく

穂高駅
ほたかえき Hotaka
はくやちょう
Hakuyacho
ありあけ
Ariake

訪問/撮影日 :2013年8月3日

2011年度の1日平均乗車人員は1,260人。1915年(大正4年)7月15日開業。直営駅。標高546.0m。
昭和15年築の駅舎、「日本鉄道旅行地図帳 6号 北信越」にも名駅舎として紹介されている駅だが、2010年に昭和15年以来の改修工事が行われてしまい、あまり古さを感じさせない雰囲気になっていた。
参考:穂高駅 - Wikipedia
参考:穂高駅改修完成2010年3月



正面入口。



駅スタンプを押印。改札係員が管理。全1個。



建物財産標はのこっていたけれど、かなり読み取りづらい状態になっていた。



駅名板。新しい。



駅の解説パネル。



道祖神の駅名標。



駅名標。



ホームと駅舎をむすぶ踏切。



島式1面2線ホーム。



ホームには北アルプスの展望図パネルが設置されていたけど、稜線は雲で見えなかった。



駅前の道祖神。



駅舎内。



穂高駅前にあるJR東日本の穂高変電所。



改札前にある伊達政宗の人形。



駅前の通りでお祭りをやっていたので、いつもより雰囲気は賑わっていたかもしれない。

Free Graphics by hibana
inserted by FC2 system