徘徊・散策・ローカル鉄道旅・レトロ物件探索・山登りのきろく

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道

訪問/撮影日 : 2009年1月16日

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道

国土地理院1:25000地形図 大間々(宇都宮)
Google Maps
大間々駅 (群馬県) Wikipedia
わたらせ渓谷鐵道ホームページ

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道
2009-01-16

▼駅舎正面。展覧会にちなみ、正面の大きな液晶パネルに石内都さんの顔がうつしだされている。

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道

▼大間々駅や桐生駅の窓口で販売しているわたらせ渓谷鐵道の1日乗り降り自由なフリーきっぷ。
券売機では販売していない。
桐生駅から通洞・足尾・間藤まではいく場合は、こちらのほうがお得(通常往復2160円かかる)。
トロッコ列車にも使えるらしいが、トロッコの場合は別に整理券が必要とのこと。
裏面には「水沼温泉センターの入館料が2割引となります」と書いてあるが、取り消し線が引かれているので、今は適用できないのかも。
陶器と良寛書の館・富弘美術館の入館料は2割引になる。
フリーきっぷなのにペラッペラの薄い紙なので、1日ポケットに入れているとくしゃくしゃになってしまう。
もう少し厚紙にしてくれれば嬉しい。

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道

▼駅舎の構内。駅員が常駐しているので、窓口の電気はついている。

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道

間藤まで行かず、この駅どまりの列車も多い。
9:48発の間藤行きは冬季は休日しか運行しないのに気づかず、この駅で足止めを食らってしまった。

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道

無人駅ではなく、駅員が常駐していた。
窓口で各種記念切符やフリーきっぷも買える。

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道

▼駅舎構内

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道
2009-01-16

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道

▼駅前にある看板は、昔の住所のままになっている(現在の住所は「群馬県みどり市大間々町大間々1375番地」)。

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道

▼駅前ロータリーのバス時刻表。

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道

▼駅前の観光案内版

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道

▼運賃表

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道

▼観光地だけあって各種記念切手の販売もしている。

大間々駅(おおままえき) わたらせ渓谷鐵道


Free Graphics by hibana
inserted by FC2 system